« 日中の人名と「現地音主義」 | トップページ | ガキ大将と秀才のケンカ ~衆院選雑感~ »

2005年6月16日 (木)

チンゲンサイと呼ぶな?!

 先日の「日中の人名と現地音主義」の話とも関連するが、中国産のもので日本に入ってきたものの名前には、変な具合になまっているものが少なくない。中華料理の名前でも、「チャーハン」は正しくは「炒飯 chăofàn(チャオファン)」だし、「ザーサイ」は「榨菜 zhàcài(チャーツァイ)」である。餃子を「ギョーザ」と言うのは山東省の方言が日本語風になまったもので、共通語ではjiăozi(チャオズ)となる。但し中国で「餃子」と言えば普通は水餃子のことで、日本の中華料理屋でおなじみの焼き餃子は「鍋貼 guōtiē(クオティエ)」と言う。

 この辺りならまだ「なまり」の範囲内である。実際普通の中国人が日本語を聞いても相当なまって覚えるもので、10年ほど前に私が中国に留学していた頃も、中国人に食事に誘われると決まって「ミシミシに行こう」と言われて閉口したものである。どうやら抗日戦争を題材にしたテレビドラマで、日本兵が「めし、めし!」と叫んでいるのが、中国人には「ミシミシ」と聞えたものであるらしい。またある中国人は「テレビでやっていた日本のドラマで聞いた民謡はいい歌だった」と言って「ヤーレン、ツォーラン、ツォーラン」と歌ってくれた。日本語の「ソ」は中国人には「ツォ」に聞えてしまうのである。こうしたことを考えれば、日本語の中で中華料理の名前がなまってしまうのもやむを得ないことであろう。

 こういう話になると思い出すのは、学部生だった頃に中国語会話を教わった王鄂先生である。彼は「青梗菜」を「チンゲンサイ」と呼ぶのは気持ち悪いからやめてほしいと常々言っておられた。「青梗菜」は中国語ではqīnggěngcài(チンコンツァイ)と発音するのが正しい。だから「青梗菜」は「せいこうさい」と日本語で音読みするか、qīnggěngcài と中国語で正しく発音するかどちらかにしろ、というわけである。王先生は発音に関しては特にうるさく、私もずいぶん鍛えられたが、中国語を学ぶ人が正しい発音を覚えるのは当然としても、日本の全国民に qīnggěngcài を正しく発音させるのはもとより不可能である。特に geng は中国語を学んでいる学生でさえ半数以上は正しく発音できないくらい難しい代物である。そうかと言って「せいこうさい」と読んだのでは、「成功祭」や「性交際」という漢字の方が先に浮かぶ人がほとんどであろう。結局「チンゲンサイ」は中国人が「ソーラン」を「ツォーラン」と発音するのと同じなまりとして許容するしかないのであろうか。

 しかし「梗」を「ゲン」と読むのは、単なるなまりというよりは、むしろ geng というピンイン(中国式ローマ字)を読み誤った可能性も考えられる。そうだとしたらこれはなまりの範囲を超えている。とはいえ「チンゲンサイ」はもう日本語として定着してしまっているから、今さら修正するのは困難であろう。しかし中国語を使った商品名で、ピンインを読み誤ったとしか思えないものは問題である。例えば「燕龍茶」。日本では「ヤンロン茶」と読まれているが、ピンインで書けば yānlóngchá であり、「イェンロンチャー」となる。「ヤン」は明らかに yan を読み間違えたものである。また「煌」というペットボトル入りのお茶に「ファン」という振り仮名がついているが、これもいただけない。「煌」はhuáng(ホアン)であって、「ファン」と言ったら「飯(fàn)」と間違えられるのが関の山である。こういうものは見るたびに気持ち悪くなるので、私はこれらのお茶は絶対に買わないことにしている。

 「中国人を含む外国人の人名にはすべてローマ字表記をつければ、正しい読み方が一目瞭然だ」などと主張する人がいるが、上の例から考えれば、それが全くの幻想であることは明らかであろう。例えば江沢民にJiang Zeminとローマ字をつけたところで、これを「チアン・ツォーミン」と読める日本人がどれくらいいるだろうか。せいぜい「ジアング・ゼミン」などと誰にも理解不能な読み方をされるのがおちである。ローマ字で書きさえすれば万国共通に発音してもらえると思い込んでいるのがそもそもの間違いで、箱根のローマ字表記Hakoneでも、日本について知識のないアメリカ人は「ヘイコン」と発音する。世界的観光地の箱根でこうなのだから、後は推して知るべしである。中国風商品の開発に携わる人々にも、ローマ字ならちゃんと読めるという思い込みは捨てて、正しい発音を調べてから名づけてもらいたいものである。

|

« 日中の人名と「現地音主義」 | トップページ | ガキ大将と秀才のケンカ ~衆院選雑感~ »