« ガキ大将と秀才のケンカ ~衆院選雑感~ | トップページ | 研究と「研究ごっこ」の境 »

2005年9月12日 (月)

「小姐」問題

 中国語の初級の教科書に必ず出てくる単語に「小姐(xiăojie,シャオチエ)」がある。英語のMissと同じ意味で、単独で使えば比較的若い女性を呼ぶ時の呼称になるし、比較的若い女性の名前の後につければ、「○○さん」という敬称になる。男性の場合は「先生(xiānsheng,シエンション)」という。

 数年前までは、中国語の授業の際には上の通り教えておけば何の問題もなかった。ところが近年の中国では、教科書通り若い女性を「小姐」と呼ぶと、いやな顔をされることが多くなったのである。

 その背景には、経済開放に伴う性産業の蔓延がある。中国でも売春はもちろん犯罪であるし、いわゆる風俗営業も認められていない。しかし実際には、非公認の風俗営業はもはや公然の秘密となっている。都市部なら表向きに理髪店やマッサージの看板を掲げていることが多いし、地方の国道沿いでは、食堂の玄関先で濃い化粧の女性たちが、通行する車に向かって手招きをしている光景をよく見かけるが、これは通称「来来飯店(láiláifàndiàn,ライライファンティエン)」と呼ばれる売春宿である。「小姐」はこうした「風俗」の女性を指す呼称になってしまったため、「堅気」の女性に嫌がられるようになったのである。

 ではかわりに何と呼べばいいのかという問題が生じるが、実は明快な解答はまだ存在しない。作家の莫邦富氏は「小妹(xiăomèi,シャオメイ)」という言い方を考えて、実際に使っていると著書に書いているが(『中国「新語」最前線』、新潮選書)、まだ普及する気配はなさそうである。

 とにかくこの問題は中国語を教えている者としては非常に気になる。幸い今年の夏に学会で西安へ行く機会があったので、人々が若い女性をどう呼んでいるかを特に注意して観察することにした。

 まずレストランやホテルの場合であるが、これは「服務員(fúwùyuán,フーウーユエン)」がすっかり定着しているようであった。「服務員」は「サービス業に携わる人」のことで、「小姐」が普及する90年代以前に使われていたものであるが、これが完全に復活したわけである。「服務員」は男女共に、年齢に関係なく使えるから、こちらの方が便利と言えば便利である。但し飛行機の女性客室乗務員は依然として「空中小姐(kōngzhōngxiăojie,コンチョンシャオチエ)」であり、実際に「小姐」と呼んでいる人もいた。

 サービス業の人なら「服務員」を使えばまず問題なさそうであるが、サービス業以外の人の場合はどうするか。例えば街頭で女性に道を尋ねるような場合はどう呼べばよいのであろうか。実は中国人もこの問題には以前から頭を悩ませているが、まだ解決策はないようである。では実際にどう呼んでいるかというと、地方によって様々である。今回の西安では、比較的年配の女性が若い女性を「大妹(dàmèi,ターメイ)」と呼んでいるのを目撃したし、数年前に東北の遼寧省撫順へ行った時には、「大姐(dàjiě,ターチエ)」が普通に使われていた。この呼び方は東北では以前からあるようで、男性は「大哥(dàgē,ターコー)」と呼ぶ。「哥」は兄の意味である。

 女性に対する呼び方は、恐らくこうした様々な呼び方から淘汰されていって、やがて定着するのであろうが、この「小姐」問題は今後もしばらくは目を離せない。

|

« ガキ大将と秀才のケンカ ~衆院選雑感~ | トップページ | 研究と「研究ごっこ」の境 »