« 言うまいと思えど今日の寒さかな | トップページ | 偉大な凡人 »

2005年12月18日 (日)

中国学者がパワポを使わない理由

 Microsoft Powerpointといえば、今やプレゼンの道具になくてはならないものである。会社ばかりではなく、大学でももはやパワポは必需品といえる。大学運営に関する講演などでは必ずといっていいくらいパワポが使われるし、理系の国際学会でパワポの画面が発表者の後ろの大きなスクリーンに映し出される様子はニュースなどでもよく目にする。

 理系では「パワポが使えなければ研究者ではない」というのが常識のようである。ところがそんな常識の通用しない分野がある。私がかかわっているところの中国学がまさにそうであって、「パワポなんか使う奴は研究者ではない」という雰囲気が支配的なのである。

 中国文学や中国哲学の分野での最大規模の学会は日本中国学会であるが、十数回にわたって参加した大会で、私が知る限りではパワポによるプレゼンを行った発表は皆無である。ではどのような形でやっているのかというと、紙に印刷したレジュメを配布し、発表者は紙の原稿を見ながら口頭で話すという、昔ながらのスタイルが今も続いているのである。もしパワポを使って発表しようものなら、「アホか」と言われること必定である。学会でこの調子であるから、日頃の授業でパワポを使うこともまずないし、その使い方も知らない人の方が多いのではないかとさえ思う。老大家の先生なら「ぱわぽ? 何それ」という反応さえ返って来かねない。かく言う私のノートパソコンにも、パワポは一応入れてあるが、今もって出番はないし、研究室と自宅のデスクトップパソコンにはインストールすらしていない。

 このように聞くと、「文系の学者はパソコンも満足に使えないのか。こんな時代錯誤な連中は大学には必要ない。研究予算もどんどん削れ」といきまく理系の研究者もいるかもしれない。しかしそれは早合点である。

 まず「文系の学者はパソコンも使えない」というのは全くの誤解である。学会でパワポは使わなくても、そのレジュメはほぼ例外なくワープロ打ちしたものであり、すべて手書きのレジュメは今や滅多に見ることがなくなった。文系でも論文を書くのに原稿用紙のマス目を万年筆でシコシコ埋めていくような学者はもはや絶滅危惧種である。

 ワープロばかりではない。インターネットは文系でも今では必需品で、各種の電子文献が公開されているおかげで、基本的な文献なら必要な語句の検索も一瞬で行えるようになった。中国学ではパソコン上で中国語を扱わなければならないから、多言語使用についてそれなりの知識が必要であるし、パソコンについて全く無知では相当不利になることは疑いない。

 ではそれにもかかわらずどうしてパワポを使わないのか。理由は簡単で、「手間の割には必要性が薄い」からである。中国文学や中国哲学はまず「原典を読む」ことから始まる。難しい漢字の多い原典を示しながら発表するには、スクリーンに映し出して遠くから眺めるよりも、手元の紙で読ませる方が、聴衆にとっても発表者にとってもはるかに楽なのである。それに中国の古典にはJIS漢字に含まれない文字が山のように出てくる。最近はUnicodeの普及でかなり改善されたとはいえ、それでも表示できない文字もあるから、そのような場合は紙のレジュメでなければ対応できない。パワポが威力を発揮するのは、写真や図表をたくさん使う分野であり、同じ中国関係でも考古学などでは、発掘現場や出土物の写真をパワポで映し出すことが多いようである。要は適材適所なのであって、「パワポでなければ時代遅れ」などという決めつけはあまりにも短絡的な発想といえよう。

 「パワポでなければ時代遅れ」という考え方は、裏を返せば「パワポを使いさえすれば先進的」という発想になる。実は中国学の研究者でも時としてこれと同じような発想にとらわれてしまいがちであり、老大家の先生方も時折苦言を呈される。

「パソコンで瞬時にデータが得られるのは便利だが、その分じっくり読書して文献そのものの性格をつかむことをおろそかにしているのではないか」

全くもってその通りであり、私も拳々服膺させていただかねばなるまい。文献の一部だけを切り取ってきて、前後の文脈を無視して自分に都合のよいように解釈するのは「断章取義」と呼ばれる禁じ手であり、パソコンによる語句検索は、ややもすれば「断章取義」に陥って、その文献全体の性格から遊離した空論を構築してしまう危険性をはらんでいるのである。

 パソコンは検索したデータを目の前に表示するだけである。それがどのような意味を持つのかは、パソコンではなく人間が行う解釈である。いかにパソコンを駆使しようとも、人間が解釈を誤れば、とんでもない結論が出てきてしまうことになる。ところがここを勘違いして、「パソコンが出したデータに基づいているのだから自分の説は絶対に正しい」と思い込む人が、特に自称「研究家」にはよくいる。彼らはパソコンを使っていることで、何か偉大なことをやっているような気分になっているらしく、使った検索サイトなどをやたら自慢したがることが多い。しかしこういうのはまさに「道具自慢の仕事下手」の典型といえよう。最先端の文明の利器も、それを使うことが尊いのではなく、それを使って何をやるかが問題なのである。

 付け加えていえば、素人が思い付くようなパソコンの使い方は、プロならとっくの昔にやっている。中国学の分野でも、パソコンの進んだ使い方を追究している人々がこちらにおられる。はたから想像する以上に、中国学の電子化は進んでいるのである。

|

« 言うまいと思えど今日の寒さかな | トップページ | 偉大な凡人 »