« 辞書使いの辞書知らず その1 | トップページ | 詩人の吐く言葉に二度と同じ意味はない。 »

2007年12月 5日 (水)

辞書使いの辞書知らず その2

■知っているようで知らない漢和辞典の使い方

 加えて辞書の引き方そのものについても、誤解している人が多いことにも触れなければならない。特に漢和辞典は、なじみのある辞書でありながら、使い方が十分理解されているとは言い難い面がある。

 例えば子供に名前をつける際に、漢和辞典を引く人は多い。しかし使い方を間違えるととんだ失敗につながることがある。例えば「央」 という字は昔から人名に普通に使われているし、今でも米大リーグで松井稼頭央選手が活躍しているから、あやかって「央」を名前に入れたいという人もいることであろう。

 では漢和辞典で「央」を引いてみよう。今手元にある角川『新字源』を見ると、「なりたち」の項に

 もと、大(人が両手を広げた形=筆者注)首かせをはめたさまにより、わざわい、 ひいて、つきる意を表す。殃の原字。借りて「なかば」の意に用いる。

と出ている。これだけを読むと、「ええっ、『央』ってそんなに縁起の悪い字なの?!」 とうろたえて、この字を名前に入れるのを断念する人もいるかもしれない。しかし心配は無用である。

 そもそも漢字の意味には「原義」「派生義」 がある。原義とはその文字が本来持っていた意味であり、派生義とは原義から転じたり(「転義」という)、原義を推し広げたりして(「引伸義」という)生じた意味である。「山」「木」「人」などのように原義が今でもそのまま用いられている字もあれば、原義が忘れられて派生義だけが用いられている字もある。「央」の場合、 「わざわい」というのは原義であり、しかも既に忘れられた原義である。それが証拠に、字義の説明のところには「わざわい」という語釈は載っていないし、「央」を「わざわい」の意味で用いている熟語も載っていない。だから「央」という字を見て「わざわい」の意味に受け取る人は、現代においては皆無と言ってよく、堂々と人名に用いて何ら差し支えはないのである。もし忘れられた原義にこだわるなら、 「幸」という字を人名に使うのももってのほかである。「幸」はもともと手錠を描いた象形文字だという説もあるのだから(「刑罰を辛くも逃れる」ことから「さいわい」という派生義が生じたとされる)。

 ちなみに「借りて「なかば」の意に用いる」というのは、「仮借」(かしゃ)といって、その文字の音を借りて同音の別の言葉の意味をあらわす、当て字のような用法のことである。本来は無関係であった「なかば、真ん中」という意味が「央」の主要な意味となり、原義の「わざわい」 の意味では、死に関する意味をあらわす「歹」を加えた「殃」 を用いるようになったわけである。(なお「つきる」という意味は「未央(びおう)」という言葉に残っている。「未だ央(つ)きず」、ひいて「夜がまだ明けない」という意味であり、漢代の宮殿の名にもなった。)

■「辞書学」が必要な時代

 しかしこうしたことがわからなかったからと言って、辞書を引く人だけを責めるわけにもいかない。漢字の原義・派生義・仮借などは大学(それもごく一部の専攻)でしか教えられないことであるし、中学・高校の国語の先生でさえ、十分わかっていない人も多いのではないかと思われる。それにもかかわらず、たいていの漢和辞典は原義や派生義が一目でわかるような書き方にはなっていない。辞書の最初に載っている凡例で、たとえば「原義を最初に掲げ、続いて派生義を載せる」といった方針は一応説明されているものの、辞書を引くのに凡例をいちいち丹念に読む人は、そう滅多にいるものではなかろう。しかも小型の漢和辞典では、字義の説明でも訓読みや意味を挙げるだけで、その用例が挙げられていないものが多いから、漢文を読む際にそれらを機械的に代入して、奇訳珍訳を作り上げる人が後を絶たないのである。一つの漢和辞典に「漢文を翻訳する」「日常の日本語の漢字を調べる」という二つの機能を無理に詰め込んだ結果、帯に短し襷に長しの辞書が出来上がってしまい、利用者の混乱に拍車をかけているのではないかと思う。

 それでも学校でちゃんとそのことを教えられる機会があった人はまだ幸せである。「辞書使いの辞書知らず」のままで、ある日ふと古典や漢文を自力で読もうと一念発起してしまった人は、たいてい目も当てられない結果になる。甚だしきに至っては、辞書の凡例をせっかく読んでも、それを誤読しておよそ見当外れな使い方をし、「誰も考えつかない新解釈」を編み出して得意がる人さえ出てくる始末である。

 (ついでに言えば、外山氏にかみついた中学生のように、 自分に理解できないことは即「間違っている」「役に立たない」と断定するのも、自称「研究家」が陥りがちな過ちである。理解できなければ理解できるまで勉強するのが筋で、多くの人が勉強してわかっていることを、わかろうともせずに間違いだと決めつけるのは、外山氏の言うとおり不遜であり、思い違いも甚だしい。こう言うと「態度と学説の正しさは別だ」などと訳のわからないことを言い出す人が必ず出てくるが、「先人の仕事に対して不遜な態度をとる人にまともな仕事はできない」というのは、どんな業界でも大方の場合に当てはまる経験則であり、世間知である。学問とて決して例外ではない。)

 もう一度言うが、文を読むのに辞書は必要である。しかし辞書を引きさえすれば文が読めるのではない。だから文章読みのプロになるには、大学や大学院で学ばなければならないのである。

 昔なら大学における辞書の専門的な使い方は、見よう見まねで覚えるものであった。私も体系的に教わった記憶はないが、「辞書は語釈よりも用例を見ろ」とだけは厳しく言われたものである。大学院に行ってまで積極的に学ぼうとする人ならそれで良いかもしれないが、普通の学部生にはそこまで期待する方が酷というものであろう。辞書の意義や役割、使い方を体系立てて教える「辞書学」の講義や演習を、学部の早い段階で行うことを考えるべき時がもう来ているのかもしれない。特に国語科の教職課程で「辞書学」をきっちり教育しておかなかったら、「辞書使いの辞書知らず」の先生がさらに増えて、生徒たちもますます辞書をきっちり使いこなせなくなっていく懸念がある。その先に待っているのは一億総「漢字使いの漢字知らず」「文章書きの文章読めず」の時代だと言っては大げさすぎるだろうか。

|

« 辞書使いの辞書知らず その1 | トップページ | 詩人の吐く言葉に二度と同じ意味はない。 »